スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウダウダぶろぐ追加中

現状でウダウダ考えたところで、何にも先に進まないんだから無駄だとわかってはいるんですけどね……(^^;

(ロクなことは吐き出しませんので、続きはオススメしません)

とりあえず、現状のお願いしている検査待ちは二つ。
呼吸器科のウイルス検査と婦人科のがん検査だ。

呼吸器科の検査は現状もまだ活性状態だとちょっと問題になるのだが、今現在ののどの様子と前回の血液検査の結果からすると、おそらくは大丈夫だろう、と思われる。
っつーか、大丈夫でないとそれこそ困るんだが(^^;
こっちの結果は今週の金曜には結果をもらえる。

婦人科のがん検査も、がん自体はでないだろう、と思っている。タカをくくっているわけではないけれど、家系的にがんはうちはいないし、この年で子宮の方にがんできてたら、まあこんな程度じゃすんでないだろうと……。

だからどの検査も、検査結果に不安はない。
けれど、婦人科のほうは検査結果聞きに行ったときに今後の方針がでるはずなのだ。
とりあえず放っておきましょう、などという甘い話はでるはずはない。
これだけで死んだりするような緊急性のある病気ではないが、でも原因がはっきりしないせいで閉経するまでは高い確率で再発する上に、そのまま放置しても治らないやっかいな病気であることも確かなのだ。
しかも治療しなければ嚢腫が蓄積するだけなので、卵巣が破裂する可能性がどんどん高くなる。
癒着やら破裂やら起こせば、当然他の臓器にも影響が出てくるので、それこそただではすまないわけで。
それに破裂は一度やっている。あの痛みははっきりいって陣痛を超えていた。二度は体験したくはない。

……と、なれぱ、はっきりいって選択肢はない。
わかってはいるのだ。
あんな痛いのを繰り返したくなければ、今のうちにとってしまうしかない、と。

もういっそ、手術しましょう、と言われたらあきらめつくのかなー、とか他人まかせなことも考えたりするけれど、この前の先生の口ぶりからすると、きっとホルモン療法をすすめられそうなんですよね……。
前にやってなかったら、そのまま「それでお願いします」って言っちゃうのだろうけど……なまじ一度やってどの治療法だとどういう状態になるのか、どこまで治るのかってあたりを身をもって理解してしまうと……もう、気分は究極の選択って感じ……(^^;;;

まあ元々、子供の出来にくい体質なとこもってきて、すでに右卵巣が機能してないに等しい状態だから、もう一人ってのはもうあきらめてはいるけれど、それでもだからといってもう左もさくっととって憂いなくしちゃえ~……というほど達観もできてない。
手術なら、他の方法に比べて、大変なのはほんとに一ヶ月程度と、はるかに短い期間ですむことは確か。
以前の開腹手術でさえ、一ヶ月もしたらずいぶんラクになったものだし……。
だったら、迷う理由はないだろう、と自分でも思うのだが……ヘタレなんで……(^^;w

婦人科の検査結果を聞きに行くのは7/12。……まだ2週間ほど先だったりします。
それまでにある程度、覚悟は決めておきたいけれど……気分はどんどん、どんよりモードに……。
手術しなくても治療できる薬、でないかなあ……そんなもんないの、わかってるけど……。
スポンサーサイト

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。