LINEのスタンプ作ってみました

電話帳のアップロードが選択できるようになっていたので、子供とのやりとり用にLINEを使い始めました。
日常的なトークをちまちましていたのですが、ある日ふと、うわさのスタンプを使ってみようという気になりまして。
トークにはデフォルトでいくつかスタンプが用意されていたので、そこから会話に合ってそうなものを選んで送信してみました。
すると……子供の反応がおもしろい!
じゃあ次は他のやつを……と使っていくうちに、デフォルトのものはすぐ一通り使い終わり。常に自分の言いたいことに合った内容のものばかりではない……。なら作っちゃおうか! ……ってなわけで、スタンプを作ってみました。
リーシャメイン
ふわふわの国のふわリーシャ」という名前で申請し、承認されました。
よかったら使ってくださいませ。

すでに自作スタンプの注意点などはあちこちにきれいにまとまったサイトがあるので、私は作成日記というか、覚書のようなものを書いてみようかと思います。

まず作るのに何が必要なのか、「LINE Creators Market」制作ガイドラインというところを見てみました。

01 必要なもの
画像

……そりゃそうですな。

必要な画像の種類は3種類。メイン画像、スタンプ画像、トークルームタブ画像とな。
サイズや枚数も書かれてます。


メイン画像
必要数:1個
フォーマット:PNG
サイズ:W 240×H 240 pixel
リーシャメイン
STOREの一覧表示に並ぶ画像のようです。


スタンプ画像
必要数:40個
フォーマット:PNG
サイズ (最大):W 370×H 320 pixel

本体のスタンプの画像ですね。「ある程度(10px程度)の余白が必要」とあるので、作成するときにはW350×H300 pixelのテンプレートを作って、作業しました。
背景は透過で……という注意書きもありましたので、最初から背景なしで作ることにしました。

りーしゃすたんぷ1りーしゃすたんぷ1-2りーしゃすたんぷ1-4



トークルームタブ画像
必要数:1個
フォーマット:PNG
サイズ:W 96×H 74 pixel

りーしゃトークルーム

スマホでトークで使うときに、この絵のタブを押すことで、そのスタンプが選べるわけですね。なので、簡潔で大きくわかりやすいものがよさそうです。

以上、1セット42枚のイラストが必要。
たくさんだなあ、と思ったけれど、「※解像度は72dpi以上、カラーモードはRGBを推奨します。」と追記がありました。
普段が印刷考えて350dpi以上で作業してるんで、72dpiでいいなら数あってもそんなに手間でもないかな……と、けっこう安易に始めました。

……が、まずそれ以前の問題!!!
どんなキャラで、どういった種類のものを作るのか。
調べてみると、ゆるめのキャラ、かわいいものがいいらしいとあったので、最初はかめちゃんな絵柄にでもしようかと思ったのですが、使い勝手を考えると、最初からぶっとんだ内容はちょっとなあ……と。
そこで、いずれ4コママンガでも描こうかと思って作っていたキャラクターを使用することにしました。
それがリーシャなんですね。
マンガにしようと思っていたキャラなんで、性格とか出来上がってるし、表情とかポーズもラクに描ける。
……でも、ラクに描けると、それはそれで欲がでてくるわけですな。
えんぴつでちゃちゃーっというのでは物足りなくて、下書きをアナログでざくざくと描いて取り込みしてから、ついついフツーにペンいれ!
今考えると、時間の無駄だったなあ……と思ったり。
描いたり塗ったりしているうちに、いくつかのイラストは描き直ししてます。
STOREのガイドラインには「NGなスタンプ」という項目がありまして、

1 日常会話で使用しにくいもの(例:物体、景色など)
2 イラストでないもの(例:写真や顔写真など)
3 視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)
4 スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)
5 公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの

……と、文章にすると少ないのですが、これはダメって規定があるのですね。
リジェクトになった例をいくつか見ているうちに、これはまずそうだな、というのがいくつかあったわけです。
たとえば「お風呂行ってきまーす」というスタンプは、下書き段階だと「肩までお風呂に入っている」絵だったんですが、肩程度の肌色でももしかしたらひっかかるかな……? という感じだったんですね。いろんな例をみていると、肌色系にはかなり厳しい感じです。
お風呂いってきまーす
あとは横長のものとかもあったので、ボツにしたりしました。
そんな感じで、何とか40個のスタンプ画像とメイン画像、トークルームタブの画像の着色までは完了しました。
ここでさらに注意書きを確認します。

※キャラクターなどの背景は透過でお願いします。

透過で、とあります。
私はフォトショップで作業していましたので、背景を外した状態でPNG形式で保存するだけですみました。
全部を保存したあと、一度すべての画像をSTOREのプレビュー形式にあわせてレイアウトして、見映えを確認してみることにしました。
使い勝手も考えて、あいさつものとか季節ものとかで揃えてもみました。
並べてから気づきました。
私はあまり絵の内容でファイル名をつけないのですね。
……どれがどこに配置されているのかわからなくなってました(^^;
仕方ないので、一つ一つ、中身を確認して内容がわかるように名前の付け替えをしました。いらん手間です。
次からちゃんと内容でファイル名つけます、はい。
りーしゃすたんぷ1-3

ともかく、やっと必要な画像は揃いました。
さっそく申請してみました。
「LINE Creators Market」の登録方法は、こちらのサイト(もう失敗しない!LINEスタンプの作り方と注意点まとめ )を参考にさせていただきました。
すごくわかりやすかったです。
無事、申請待ちになりました。あとは待つだけ。けっこう時間がかかるという話を読んだので、のんびり待つことにしました。
待ってる間に第二段も進めようかな、とか考えてました。
作ってみると、40個では足りないんですよね。会話に使うとなると。なので、待ち時間でまた増やそうと思っていました。

ところが、待つだけと思った翌日には申請中にステータスが変わり、週末あけて火曜日には承認のメールが届きました。
はや!!
なんか、最近は承認が早くなったそうです。
おかげさまで、無事、「ふわふわの国のふわリーシャ」のスタンプは販売開始となりました。
りーしゃ見本

今回の反省点を踏まえたら、次はもうちょっとラクに早く作れるかな。
第二段は製作中です。
「こんなものが欲しいーっ!」というのがありましたら、ツイッターでもコメントでも、書いていただいたら検討します。ガイドラインとキャラと相談の上で、作れそうならがんばってみようかな、と思ってます。
スポンサーサイト

テーマ : LINEクリエイターズスタンプ - ジャンル : ブログ

タグ : LINEクリエイターズスタンプ

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)